掛け持ちバイトの注意点

バイトをしていて、中には収入源を増やそうと、もうひとつ違うバイトをしようと考える方も多いのではないでしょうか?
そこで今回はバイトの掛け持ちする上での注意点をお話したいと思います。

掛け持ちする際1番気を付けなくてはならないのがシフトです。
自分の体に相談し疲れないシフトを組む事ももちろん大切ですし、何より相互のバイト先にご迷惑をお掛けするのは絶対にしてはいけません。時間や曜日が被らないよう調整し、無理のないシフトを組むように心掛けましょう。
この際しておくといいのが、相互のバイト先に掛け持ちをするという意思を伝えておく事。そうすればよっぽどでない限り無理にシフトを組まれる事はありません。
また、どちらか多めにシフトを組むのは問題ありませんが、相互のバイト先での人間関係を壊さない為にもどちらかばかりを優越に扱う事をしないようにするのがベストでしょう。片方のバイトで激務に追われ体調を崩した所で別のバイト先には関係のない事ですからね。
どちらの職場でも大切な人材なので、無理のない働き方を常に意識しておきましょう。

次に掛け持ちをした際でも相互から年末調整についての申請書を受け取る事となると思います。
この場合両方で申請する事は出来ないので、どちらかメインとなっている収入源で申請するように心掛けましょう。その際もう1つの方は自分で確定申告に行く必要がありますが、年間収入が103万円に満たない場合はしなくても大丈夫です。
しかし両方の合計が103万円を超える場合は確定申告をする必要がありますのでご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です