アルバイトとパートの違いについて

皆さんは、アルバイトとパートというものに若干ですが違いがあるという事を知っていますか?一見同じ様な短時間労働をしているのに、どうして呼び方が違うのだろうか?と、疑問に思った人も少なくないのではないでしょうか。そこでここでは、アルバイトとパートの違いについて両者を比較しながらご紹介していきたいと思います。
実は、アルバイトとパートには法的な違いはありません。アルバイトとパートは、パートタイム労働法という法律の中で「一週間の所定労働時間が通常の労働者よりも短いもの、または労働日数が少ない者」という様に定められています。この中には、臨時社員として働いている人も含まれています。
では、一体アルバイトとパートって何が違うのでしょうか?現在、アルバイトとパートは、その呼び分けで少し意味合いを変えて使われています。アルバイトとは、比較的学生さん等が対応しているか、本業があるが開いた時間を副業として働いている人に対して使われる場合が多い様です。一方パートは、社員と同等の業務を行っているものの労働時間が社員より短い人の事を指しています。雇用期間も、パートの方がアルバイトより長期の場合が多い様です。その他にも、勤務時間や稼働時間等が関係している様です。
この様に、働き方の違いで呼び方が違うのがアルバイトとパートであるという事が分かって頂けたと思います。皆さんがどちらを選ぶのかは、皆さんのライフスタイル次第です。是非自分に合った働き方を見つけてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です